日本のアート界

日本のアート市場小規模で、ニューヨークやロンドン、パリの100分の1程度の規模しかありません。
日本がバブル期に名画を買いあさったことは有名な話ですが、バブルが崩壊するとその名画たちは世界へと散っていきました。
画家の視点から見ると、師匠は○○さんで、大学は○○の美大を出て、というような肩書きがないと
ギャラリーと契約をするのは難しいとされています。日展もどこか入選する絵のタイプは似かよっています。
世界のアート界と比べてとても狭く窮屈のように思えます。
自分を認めてもらいたいアーティストたちは海外で活動するようになっていきます。
・・しょうがないと思います。日本が文化活動をするのに資金の面でも
教育の面でも怠った結果だと私は思います。アーティストを育成、支援するプログラムが少ない!
しかし、国際的に活躍する日本人アーティストも増えてきて、世界でその活躍が認められてきつつあります。
村上隆さんは有名ブランドとコラボし、フランスのベルサイユ宮殿で作品展を開催しました。反対運動もあったようですが、
フランス国内では日本の文化は認められて、地位を確立されているので多くの人が反対運動に興味を示しませんでした。
村上さん以外の日本人アーティストも世界各地で活躍しており、日本国内より海外で有名!というアーティストも
たくさんいるのが現実です!