海外のアート界

海外のアート界はある一定の地位を保っています。それは国がいろんな面でアーティストをサポートしていたり、
芸術、美術、文化を保護していたり、何より芸術文化が生活になじんでいるからです。またギャラリーの数も日本より断然多いです。
ギャラリーは地域に根付いていて、展覧会があるとオープニングレセプションに顔を出してくれたり、
熱心に絵を見てくれます。
海外は建築物など歴史的な文化遺産もたくさんあるし、美術館もとても充実しています。
ステキなオブジェもいろんなところにあり、美術館に行かなくても楽しめます。
美術関係の仕事も多岐にわたっています。日本では芸術関係の仕事をしていると言うとどこか世間から外れている
・・・と思われがちですが、海外ではアーティストとしての職業が確立しているので、思う存分作品制作に打ち込めるでしょう。
アートフェア、ギャラリーでの作品展の数が多いので作品の売買も盛んに行われています。日本のように
どこの大学を出たから・・とかだれだれについてたとかそういう肩書きで判断するのではなく、作品だけで
いい悪いを判断してくれます。「いいものはいい!」ということです!
こういう判断をしてくれるので日本を後にするアーティストは増えていく一方なのです。