葉酸サプリの効果をよく理解すると

現代の人々にとって、健康を維持するための栄養素を規則正しく、適量を維持しながら、摂っていくことは簡単そうで難しいものです。
私達の食生活が欧米風になってから、既に数十年が経ちますが、健康に必要な栄養素の吸収を維持させるためには、サプリメントの存在は欠かすことかできないのかもしれません。
それは葉酸も同じことです。
葉酸は、ビタミンBをすることは可能です。豊富に含んだものとなりますが、一般的には、ほうれん草などにたくさん含まれています。
これはほうれん草だけでなく、レバーなどの食材にも多く含まれていますので、決して珍しい存在ではありません。
しかし、これを食事の中で摂っていくことは、考える以上に難しいこととされているです。
というのは、熱処理にとてももろく、調理をする過程において、破壊されやすいというデメリットがあるからです。
したがって、私達は適度の葉酸を取っていくためには、サプリメントがとても効率の良い方法なのです。
葉酸の効果は、妊娠されている女性の方々にとっては、胎児の障害児発生のリスクを低減させる効果があるとして、注目されている存在です。
効能はそれだけではなく、細胞分裂も活発化させることもあり、美容面での効果も高いとされてきます。
老廃物の排出も促進されると考えられており、現代人、特に仕事を持つ女性の人々の美容・健康においても、飲み続けたいサプリメントがの1つに挙げられつつあるのです。
今の時代、仕事で女性の活躍が目覚ましい時代でもあります。
それが故に、晩婚化、高齢出産も珍しくありません。
しかし、高齢出産ともなると、母指ともに流産や死産という悲しいことも避けることができないことも身近な出来事として、存在し得るのです。
このような状態を避けたり、軽減させることにおいても、葉酸の効能に頼ることも少なくありません。
したがって、葉酸サプリメントを常に適度に摂っておくことは、美容面や健康面だけでなく、自らの子孫のためでもあるのです。

夏の肌荒れ、いつもの洗顔+酵素洗顔で乗り切る!

先日、化粧品を買いに行ったところ、美容部員のお姉さんにすすめられ、お肌のチェックをしてもらいました。
ほっぺたに機械をあてて、水分量やお肌のキメをみたりする、あれです。
わたしはもともとオイリー肌なので、皮脂が多くて、毛穴開きがありました・・・とほほ。
ついでに産毛もモニターにばっちり映って汚くて。
美容部員さんにもなんだか申し訳なかったです。
30歳の誕生日を迎えたこともあり、お肌を大切にしてあげたい気分だったわたしは、
「どうしたらお肌って綺麗になりますか?やっぱり保湿ですか?美容液とか買ったほうがいいでしょうか?といってもそんなに高額なものは続けられないんです。モデルの宮城舞ちゃんみたいな肌になりたい」と、
わがままに質問攻め。すると、意外な答えが返ってきました。
「50代60代になれば別ですが、30代くらいであれば、むしろお金をかけるべきはクレンジングですよ。
特にお客様はオイリー肌で、汚れが毛穴に詰まりがちなようなので、それをしっかりオフしてあげることのほうが効果がでますよ。」
なんて良心的な美容部員さん・・・!その後、店の奥にあるお高いクレンジングやふき取り化粧水を紹介されましたが、予算オーバー。
ひとつ買えば全部欲しくなるし、とも思い、ちょっと考えます、と言って、何も買わずに店を出てしまいました。ごめんなさいお姉さん。
その後、ネットで色々調べてみたところ、「酵素洗顔」というものが気になりました。近所のドラッグストアでも買えるし、そんなにお高くない。
酵素は、古い角質(タンパク質)を分解する効果があるそう。角栓をほぐしたり、くすみが改善されたりするそうです。
しかも、嬉しいことに「使いすぎはよくない」とのこと。わたし的にはとても助かるこの言葉。わたしが読んだサイトのひとつには、2?3日に1回の使用で・・・とも書いてありました。だって、それってつまり、14個入りを買っても、1ヶ月半くらい持つってことですよね。コスパがいい!
酵素洗顔が気になった理由は、もうひとつありました。実はわたし、海外旅行に行くときに「酵素洗顔」を使ったことがあって。
小分けになっていて、粉末状なので、持ち運びに便利なんですよね。海外に行ったら肌の調子がよくなった!水が合ってるのかな?と、今まで思ってたんですが、酵素洗顔がよかっただけかもしれない。そう思って、この夏、いつもの洗顔に、週1で酵素洗顔をプラスしてみることにしました。
結果は大正解!今の所、肌荒れは最低限に抑えられています。ありがたや。
酵素洗顔の場合、洗顔後の保湿が大切、とも様々なサイトに書いてありましたが、わたしの場合は今までと同じで大丈夫でした。
わたしのオイリー肌には、酵素洗顔が合っているようです。というか、いままできちんとオフできてなかったのかも・・・笑
ただし、オフする力が強いので、肌荒れ中は使用を控えたほうがいいみたいですね。
お肌が弱い方も気をつけた方がいいみたいなので、気をつけて使用してくださいね。